保育目標と方針
保育目標  
 基本的生活習慣を身に付け、心身共に健やかに育つ
 一人一人が、大切にされていると感じられる環境の中で、自分でやろうとする
   意欲(自主性)を育てる
保育方針
 はちの木こども園では、人間として生きる為の基礎を作る大切な乳幼児に、大人による
 丁寧な育児を受け、心身共に健康で、豊かな遊びを十分に経験し、育つことが望ましい
 と考えています。又、個々の成長に合わせて焦らず、ゆったりとした環境の中で、自分
 でやる気持と出来ることを増やし、自信へとつなげていけるよう、家庭と協力し合い、
 保育を行っています。 
乳児(0〜2歳児)
 育児担当制をとり、一人一人の生活リズムを整え、成長と情緒の安定を図ります。
 自我の芽生えを大切にし、自主性を育てます。
 一人一人の発達過程に合わせた道具(遊具)を用いて、運動機能、指先等の機能の
 発達を助けます。
 食事、排泄、着脱等の生活面に重きをおき、徐々に自立できるような保育形態をとって
 います。
幼児(3〜5歳児)
 友達や大人との関わりの中で、自分の意思を伝えたり、相手を思いやる気持ちを
 育てる(社会性の育ち)
 落ち着いて物事に取り組み、集中力を養う。
 伝承遊び、製作、園外保育等により、遊びの幅を広げ、豊かな体験を増やす。
ホームへ