所長先生のあいさつ
 
鉢の木保育所は、町内で作った保育所です。今の場所へは、昭和60年に新園舎を
建て、移って来ました。

園庭には、シンボルとなる大きな『くすの木』が、私たち保育所を、どんな時も見守って
来てくれました。大きくなった『くすの木』を見上げる度に、たくさんの子どもたちの顔が
浮かんで来ます。そして地元の皆さまや、保護者の皆さまのご理解とご協力があったから
こそ、『くすの木』とともに、大きくなった『鉢の木』、ここにあると、心より感謝しております。

『子ども達を大切に扱い保育すること』を柱に考えた保育をしています。大人がしっかり
見守り、必要に応じて援助する安心感の中、出来る事を増やし、見通しを持ち(考えて)
行動出来るよう、援助しています。

自分の考えを持ち、お友達の気持ちも考えられる子に、なって欲しいと考え、一人ひとり
と、きちんと関わる保育をしています。

発育がゆっくりなお子さんも、障害を持ったお子さんも、積極的に受け入れ、共に育て
合い喜びを共感する事を、大切にしています。

家庭的で、落ち着いた環境の中で、一緒に子育てをしませんか。鉢の木で…  
社会福祉法人 鉢の木会
鉢の木保育所  
所長 黒田 淑子
ホームへ  先生TOPへ